ダニやカビが繁殖しやすい環境とは?奴等はハウスダストアレルギーの根源です

ゴミに包まれる人形

ダニやカビが繁殖しやすい環境について今回は紹介します。

ハウスダストアレルギーを持っている人間の大敵が「ダニ」「カビ」です。

この2つが繁殖しやすい環境にいると、どれだけ気をつけていても結局はハウスダストアレルギーの症状が発生して苦しめられてしまいます。

ではまずこの2つはどういう環境で発生するのか?それについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ダニ・カビはハウスダストアレルギーの根源

そもそもハウスダストアレルギーの検査に引っかかった人はダニ・カビなどのアレルギーも出ているはずです。

ダニやカビはアレルギー性鼻炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などを引き起こしてくれやがります。

僕は主にアレルギー性鼻炎、気管支喘息に繋がる体質になっていまして、ハウスダスト(カビやダニ)が最大の大敵として、一年中奴等と戦っています。

それプラス花粉症も近年は悪化しているのですが、花粉症の対策はみんなやってるのに、ハウスダストアレルギーへの対策は少し意識が低いのが気になる所です。

奴等はハウスダストアレルギーの根源でして、要するに「カビとダニがあるからハウスダストアレルギー持ちの人は症状が出ている」と言う事なので、これらは徹底する必要があります。

ダニ対策をしてから症状が劇的に緩和した

僕はずっと大して掃除もされていない家に住んでまして、その間は常にアレルギー性鼻炎が出たり、結膜炎が出たり、気管支喘息の発作が出たりしていました。

そういう時期を通ってから、しっかりと対策をした家に引っ越してからはほとんど症状が出ない平和な世界作りに成功しています。

ダニ・カビ対策はハウスダストアレルギーを持っている人間にとっては死活問題です。気管支喘息まで出ると、下手すると死ぬレベルです。特にお子さんが持っていて、親が持っていない家庭は過剰に意識してあげて下さい。

ちなみに僕はもはや人間ハウスダスト探知機となっておりまして、花粉の時期を除くと自分の鼻などの異常でダニやホコリが多い場所は即座にわかるようになっております…。

ダニ・カビが繁殖しやすい環境は?

ダニやカビが繁殖しやすい環境とは何か?

大雑把にまとめるとこういう事になります。

  • 毛布類が多い家庭
  • 湿気が多い
  • 部屋の掃除をしていない(特に床)
  • ペットを飼っている(毛が奴等の餌になる)
  • 接地面が多い物体

これらになります。では何が多ければダニが繁殖しやすいのかと言うと、こういうものになります。

ダニの住処になりやすい物

  • ぬいぐるみ
  • 絨毯
  • 敷きっぱなしの布団
  • 置きっぱなしの枕

これらはなんでそうなるのかと言うと、奴等は小さな毛の繊維の中に入り込みます。ぬいぐるみはぬいぐるみ自体がダニだと思ってください。その中にアイツ等は隠れ住んでいます。

ハウスダストアレルギーを持っている人間にとって、ぬいぐるみとは要するにダニなんです。ダニを抱きかかえて眠ってるんだに。

絨毯も同じ理由で、フケも落ちるわ毛も落ちるわ、落ちたゴミは取れづらい上に繊維に絡んでダニが喜んで繁殖します。絨毯の上で寝転がるのは、ダニと添い寝するようなもんだに。

敷きっぱなしの布団も一緒、接地面が多いのでそこに湿気が溜まり、ダニが繁殖していきます。敷きっぱなしの貴方の布団もダニです。

置きっぱなしの枕や掛け布団も同じ理由です。ベッドの上に置いてあっても、ずっと動かさなかったらそこはダニだらけ、貴方はダニと一緒に寝ているんだに。

寝る時になるとくしゃみや鼻水が出ると言う人は、ダニと一緒に寝ている証拠だに!

スポンサードリンク

ダニ対策はどうすれば良いのか?

ではダニ対策はどうすれば良いのか?シンプルですね。

  • 湿度を調整する
  • 布団や掛け布団を放置しない、定期的に動かすなどをして湿気を溜めない
  • 絨毯やぬいぐるみは捨てるだに
  • 床は毎日掃除をする

これらをシンプルにするとこうなります。

空気清浄機を家に置き、毎日掃除機をかけて、布団は毎日動かす、もしくは干す。

空気清浄機はハウスダスト対策に必須

ハウスダストアレルギーを持っている家族の部屋に空気清浄機を置かないのは「死ね」と言っているようなものです。

空気清浄機は空気中のアレルゲンを吸い取って綺麗な空気を吐き出してくれます。空気清浄機は必須。むしろこれが最低限の対策だと言えます。

また空気清浄機はサーキュレーターを使う事でその効果を増幅する事が出来ます。

空気清浄機はハウスダスト対策に必須、そしてサーキュレーターで更に効果を上げる事になります。出来れば両方を併用して万全を期す方が良いでしょう。

これだけでめちゃくちゃ変わります。人間ハウスダスト探知機の僕が言うから間違いない、いやホント。

数ヶ月放置してみて下さい、背面などの給気口にホコリがびっしり詰まりますから…マジで…(ちゃんと定期的に掃除して下さいね)

毎日床の掃除をしよう

毎日床の掃除をしなくてはいけません、これがホントに面倒。

ですがその手間を減らしてくれるのがロボット掃除機ルンバです。

更に面倒な話なんですが、実は紙パック式の掃除機って、花粉とか野細かい粒子を逃してしまうんですよ。

そこでサイクロン掃除機が良いって話になる。僕もダイソンのコードレスクリーナーを愛用していますが、アイツはフィルターが高性能になってまして、空気清浄機と同じHEPAフィルターと同性能となっています。

無駄に高い掃除機を買っているわけじゃなく、アレルギー対策として僕はダイソンを買っているわけです、えっへん。

これを使う事で掃除機をかけているのにアレルゲンを空気中に散布するというわけのわからん現象から逃げられます。メインはルンバ、サブでダイソンのコードレスクリーナーを使うのは個人的にはオススメです。

これで毎日床を掃除する事で、アレルゲンをかなり減らす事が出来ます。

布団や枕を常に動かす

布団や枕なんかは特に、人間は寝ているだけで大量の汗をかいています。それなのに布団から出てもそのまま掛け布団を放置してたり、枕を放置してたら湿気が溜まります。

そこはもうダニさんが大喜びで生息するパラダイスになります。貴方の寝床はダニだに。

その対処として「枕は常に立てる」「掛け布団を動かす」「敷布団は常にしまう」などの対策が必要となってきます。

これをするだけでもかなり変わります。

また布団自体を頻繁に掃除機で吸い取るのも有効、ダニの専門家なんかもゆっくり掃除機をかけているそうです。これはテレビのなんかの番組でやってたので、実際に僕も試して記事にした事があります。

ちなみに画像だけ表示すると、週一で掃除機かけてもこれぐらいのホコリが溜まってます。

週一で掃除したベッドのホコリ
うわ~汚い…(笑)

ってわけで布団も定期的に洗い、掃除機もかけましょう。洗っても取れないダニさんも、掃除機で結構吸い取れますし何より餌となるフケや毛を回収出来るので、これはこれでオススメなのです。

春~夏はエアコンや除湿機の使用を

冷房をつけると乾燥しますので、室内はエアコンに任せる事で除湿は結構簡単に出来ます。

またエアコンの除湿が苦手な人は、除湿機を使うのも手です。僕は湿度がある時期は基本的に除湿機を使っています。特に脱衣場ですね。

エアコンを使って湿度を下げ、エアコンがない所や極端に湿度が高い所は除湿機を使うのがオススメです。寝室や布団がある所で使うのもベターですね。

ちなみにお風呂のカビ対策としては、防カビくん煙剤もオススメです。

ダニ対策が最大のハウスダスト対策

結局ハウスダストアレルギー=ダニだと思って良いんですよ。

もちろんホコリとかもそうなんですけど、結局ホコリ自体がダニですし、ダニの餌でもありますしね。

だからまずホコリを残さないように掃除するのも大事、そしてダニが繁殖しない環境づくりが大事です。

ダニとカビが繁殖しない環境を作って、少しでも予防する事をオススメします。

結局は「綺麗にしろ」って話なんですけどね…(笑)