サーキュレーターとは?空気を循環する事でエアコンと空気清浄機の効果を上げるアレルギー体質には必須の物

サーキュレーターと言う物を知っていますか?簡単に言うと「空気循環器」です。

サーキュレーターは扇風機に凄く似ていますが、用途がちょっと異なっています。

このサーキュレーターを使う事で、部屋の空気を循環して室温を均等に保ったり、空気清浄機の効果を高める事が出来ます。

僕のようにハウスダストアレルギーや花粉症に悩まされているアレルギー体質の人間にとっては非常に重要なアイテムとなります。

実際に使ってみて空気の循環によるエアコン・空気清浄機のパワーアップを感じているので、これは個人的にはかなりオススメです。

ってわけで今回はこのサーキュレーターについて紹介しますよ!

スポンサードリンク

サーキュレーターとは?

サーキュレーターはこういうものです。

一見すると扇風機に見えますが、全く違うものとなっています。

扇風機は人を涼しくするもの、サーキュレーターは空気を循環させるものです。

今紹介したVORNADOのサーキュレーターは高額なものですが、首振り機能がついていません。それは「人に涼を与えるためのものではないから」です。

根本的に使い方が異なっているのがサーキュレーターと扇風機の大きな違いです。

もちろん扇風機的な使い方も可能ですが、ぶっちゃけて言ってしまえばそれをするならエアコンを使った方が良いと思いますし、エアコンが苦手な人は大人しく扇風機を買うべきです(笑)

全く異なるものなので注意しましょう。

サーキュレーターの効果

サーキュレーターは空気を循環させるものだと書きましたが、では実際にどういう効果があるのか?一応まとめておきます。

風を遠くまで届けて空気の流れを作れる

サーキュレーターの最大の特徴は扇風機より風を遠くに届ける事が出来る点です。

ですがあくまでVORNADOなどの高額な商品だからこそ言える事かなー?って思いました。実際にアイリスオーヤマの安物と比べてみると、そこに大きな違いがあるかなーと。

サーキュレーターをつけていると空気がそちらに流れるので、それによって空気を循環する事が出来ます。そうやってエアコン→サーキュレーター→空気清浄機→エアコンという流れを作り出す事によって、室内の空気を綺麗に保ちながらエアコンの効果を上げる事が出来ます。

エアコンの効果を高める

空気にも性質がありまして、冷房と暖房でこのような違いが生まれます。

  • 暖かい空気は軽い
  • 冷たい空気は重い

これには分子がどうこうで陽電子砲とポジトロンライフルがエヴァンゲリオン(適当です)とかなんか小難しい言葉で説明は可能ですが省きます。

とりあえず暖かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に溜まってしまうようになっているのです。

これに対してサーキュレーターを使って風を送り込む事によって、天井に向けて使えば暖かい空気が天井にぶつかってそのまま下に持ってこられます。

そして冷たい空気が下にある場合は、下から上に向かって動く事でこれまたやっぱり天井にぶつかって下に落ちてくるので、全体的に気温が均等になりやすくなるという仕組みです。

当然ですが空気は反射するので、壁や天井にぶつけてやる事で反射して広がるわけです。そういう空気を流れを作ってエアコンの効果をアップさせる効果が存在します。

冷房をつけても顔が暑い、暖房をつけても足が寒い、そういう現象を抑える効果があり、均等に気温を変える効果が強まった結果効率が良くなり地味に省エネ効果もあるって事です。

空気清浄機の効果を上げる

僕の大好きな空気清浄機ですが、いくらなんでも吸い込む空気の量にも限界があります。

僕の使っているシャープの空気清浄機は背面から空気を吸い出して、また背面や前面に空気を吐き出して綺麗にしてくれます。

ですがあくまでこれは一部の空気しか吸い込む事は出来ません。いくらなんでも室内の総ての空気を均等に吸い取る事は不可能です。

そこでもうお察しですが、サーキュレーターを置いて空気清浄機に向かって空気を流してやれば、汚い空気をどんどん空気清浄機にぶつけてそれを吸い取って綺麗にすると言う空気の流れが出来上がるのです。

これによってこれまで以上に空気清浄機の効果が上がります。僕のようにハウスダストアレルギーと花粉症にに悩まされている人間にとっては、これは死活問題となります。

むしろ空気清浄機を置くなら、サーキュレーターもセットで置くべき、と今は思うまでの効果があります。

湿度の調整にも使える

空気の流れを自ら生み出す事が出来るサーキュレーターは、湿度の調整にも使えます。

例えば加湿器が部屋にあるとしましょう。どれだけ加湿をしてもあくまで加湿をされるのはその加湿器付近、もしくは噴射している付近になってしまいます。

そこでやっぱりサーキュレーターです。サーキュレーターで空気の流れを作り出して循環して上げれば、湿気は部屋中に染み渡るのです。

これをやらないと一部だけ湿気が強くなってカビが生えたり、結露の原因にもなりがちです。特に結露はしやすくなってしまいます。

湿気によるカビなんかはハウスダストアレルギー持ちからすればおぞましい現象です。これを防ぐ事が出来るのがサーキュレーター&空気清浄機のセット使いなのです。

これは使わない手はありませんよね…!!

スポンサードリンク

サーキュレーターの効果的な配置方法

では効果的な配置方法はどうなのか?僕の天才的な画力で描いた図を元に解説します。

エアコン
ご覧の通りです、大雑把に四角い部屋ならこれぐらいで循環は可能でしょう。出来れば右上にもサーキュレーターがあると便利ですが、まぁそれはよほど部屋が大きくでもない限りは不要でしょう。

空気清浄機が綺麗にした空気をエアコンに向けてエアコンから流れた暖かい(冷たい)空気が部屋の右側に回り、壁にぶつかったりなんだったりかんだったりして右下に来ればまた左に流れて空気清浄機に吸い取られていくサイクルが出来上がります。

エアコンも空気清浄機もサーキュレーターも総て利用して空気の循環する流れを作り出す事がポイントです。

基本的には床に置くならちょっと斜め上に向ける方が良いと思ってます、その方が上の空気も下に落ちてくるし、逆に下の空気も上に持ち上げられるからです。

それか思い切り上に向けて反射してまた下に落ちてくるようにするのも手です。

こうやって空気が循環する流れを作ってあげましょう。

24時間換気の事も考えて空気の流れを作ろう

24時間換気がある部屋の場合は、給気口があります。当然給気口にもフィルターをつける事が大事です。

ですが更にその給気口から入ってくる新しい空気も常時サーキュレーターやエアコンなどで空気の流れを作って空気清浄機に向かわせてやりましょう。これによってずっとキレイな空気が循環する流れを生み出す事が出来ます。

排出口となるトイレなど換気扇にはいずれたどり着くのでまぁ良いでしょう…たぶん…(笑)

サーキュレーターの効果的な使い方

ではサーキュレーターを使うとして、どういう使い方をすれば良いのでしょうか?

当然と言えば当然ですが、サーキュレーターは空気清浄機やエアコンの効果を増幅させるものなので、空気清浄機と同様に24時間つけっぱなしでないと意味がありません。

24時間つけっぱなしが理想

あくまでこれは24時間つけっぱなしが理想です。

僕はエアコンも空気清浄機もつけっぱなしです。だからサーキュレーターもつけっぱなしにしています。

ルンバをかける時に移動させないといけないのが面倒ですけどね…(笑)

それ以外の時は常につけっぱなしにしていて、常時空気清浄機に向けて空気が流れていくようにしています。

最初は強めで後は弱めでOK

空気の流れを生み出すために設置して最初の数分間だけ強で回しましょう。

ある程度回して空気の流れを生み出したら弱めに設定して「自分が気にならない弱さ」で回しておけばOKです。

当然ですが強でずっと運転しているとうるさいです(笑)

僕は基本的には弱でずっと放置しています。弱の場合は足元に置いてあっても全然音は気になりませんよ~。

夏でも冬でも使おう

夏の冷房はもちろんですが、冬の暖房でも効果を発揮します。

冬は「室内で扇風機をかけたら寒そう!」って先入観で勘違いするかも知れませんが、全然そんな事はありません。

暖かい空気は上に溜まってしまうので、冬場は足元が寒くなって人間がいない上の部分だけ暖かい…なんて事になりかねません。

ですがサーキュレーターを上に向ける事によって上に溜まった暖かい空気に冷たい空気をぶつける事になり、これによって循環させる事が出来ます。

サーキュレーターの空気の流れは壁や天井に反射して流れを作り出す事が出来るので、上にぶつけた空気は下に流れてきます。本当に空気の流れをサーキュレーターで任意に作り出す事が出来ます。

これによってエアコンの効果を上げる効果があるという事なのです。かなり便利なので是非お試し下さいまし。

スポンサードリンク

サーキュレーターはVORNADOがオススメ

例えばリビングが20畳だったら、30畳対応とか、それぐらいのものを購入するようにしましょう。

あまり安物にしてしまうと「効果が薄くて意味がない!」なんて本末転倒な事にもなりかねません。

どうせなら高いものを買う事をオススメします。吹き抜けのあるリビングなどでは、特にハイエンドモデルを購入する事で安心を買う事をオススメします。

僕は敢えて高いものと安いものの両方を買ったんですが、その効果の違いに驚いています…やっぱり高い方が良いです。

僕がオススメしたいのはVORNADOのサーキュレーターです。

ちなみに「実際の広さより広い範囲に対応したものを買った方が良い」ってのは空気清浄機でも一緒だから注意ですよ~。

ボルネードの方が遥かに効果を実感している

こちらの記事で一応比較はしています。

本当に結論としては「安かろう悪かろうだなぁ」っていういつもの結論でございますよ…(笑)

アイリスオーヤマの商品が悪いと言う気はありませんが「やっぱり本気で悩んでるなら高額な方がベターかなー」っていつもの結論が僕の中で出ました…ハイ…(笑)

ってわけで効果を実感したいならVORNADOのサーキュレーターをオススメします(笑)

実際に使ってみた感想

サーキュレーターを導入した事で、アレルギーの発生も以前に比べれば抑える事に成功しています。

特に花粉ね…ちなみに今回は花粉が酷すぎて買いました…でも空気をずっと空気清浄機にぶつけるようにしてからは室内の空気もかなり綺麗になって、花粉症の症状も緩和する事が出来たので、僕はオススメしたいですね。

ハウスダスト(っていうかカビ)対策にもなるので、ハウスダストアレルギーや花粉症を持っている人は空気清浄機と一緒に購入してみてはどうでしょうか?

室内が綺麗になると世界が変わりますよ!特にアレルギー人間にとってはね…。

またエアコンの効果も上がっている事を実感しているのでそこでもオススメしたい。冷房でもこれだけ違うんだから、暖房だとどれだけ違うのか楽しみですわ。

なんだかんだ長い目で見ればサーキュレーターを使った方が節約にも繋がると思いますよー!