複層ガラスでも冬に結露が出た時の対策まとめ…暖房をつけてても加湿器を全部切ったら出なくなりました

結露

ハウスダスト持ちの最大の敵の一つ「カビ」ですが、そのカビを発生させやがる「結露」について、今回僕が取った対策について書いておきます。

ちょっとビックリしたのは、新築の家で窓が複層ガラスでも結露は起こりました。

ただやはり結露が起きるには条件があるので、現状の12月の気温でも結露をほぼ0に近い状態に留める事は出来ました。ただやっぱりデメリット付きになるので、その点についても紹介します。

ただあくまで今回のケースは僕の家での体験によるものなので、新築一軒家、複層ガラス、24時間換気がある状態である事を理解した上で

スポンサードリンク

複層ガラスでも際に結露が出る

以前までは単板ガラスの家に僕は住んでました。

そこでの結露はシャレにならんレベルで、やはり窓ガラス自体もバッチリ結露してまして、気がついたら窓枠までびっしょり濡れているなんて事はしょちゅうでした。

おかげで窓枠の木部分が腐食するし、最悪の状態ですよね。そりゃカビも生えるわと、ハウスダスト持ちにとってはカビも最悪な環境なので、僕はその環境で生きてた事になります、アホかと。

んで今の新築の家はさすがに複層ガラスになってます。複層ガラスは簡単に言うと複数の板ガラスを重ねたもので、断熱性に優れており結露対策も出来て結構凄いんですな。

だから窓ガラスには一切結露が出ておりません!すごーい!

結露
ガラス部分以外はガッツリ結露しとるやんけええええええ!!

というわけで、複層ガラスとは違って窓ガラス部分には結露が全く出ませんが、それ以外の枠部分にガッツリ出る事が判明しました。

枠部分はガッツリ結露する

結露
ちなみにこの窓にはシャッターがありまして、夜の間にシャッターを閉めている状態でもこれだけありました。

結露
こちらはシャッターがない所、ここも複層ガラスだそうですが、見事に枠部分にガッツリ結露しております。シャッターがないと更に酷いって事です。

結露
ちなみにこういう横枠部分が結露している所もありました。うーん困りました。

狭すぎて逆にワイパーが使えない

先日紹介したケルヒャーの窓用ワイパーですが、結露している場所が狭すぎて使いづらいという悲しい結果が出ました。

単板ガラスなら逆にこのケルヒャーのワイパーで吸い取れば解決したんですが、枠部分はそうもいきません。そこで別の対策を取る事にしました。

給水スポンジで吸い取る

僕が選んだのは給水スポンジでした、これが結構便利。

これの350mlを買ったんですが、結構思ったより大きいんですね…んで「デカすぎぃ!」って思ってたら、これ別に切り取って良いらしくて「それならめっちゃいじゃん」となりました。

ただこれ一つだけデメリットがありました。

汚れてるとスポンジで拭きづらい

雑巾なり、ティッシュなりで拭けば「ついでに綺麗にもなるね!」と割り切れますが、スポンジだと汚れがつくとなんかね…別にそれでも良いんですけど…(笑)

我が家の場合は特に猫の毛が毎日飛ぶので、それが大なり小なりひっついてきます。実にうざいです。

この点だけがちょっとデメリットかなーと、常に綺麗にしてある状態を維持するか「このスポンジは汚れてもいい」と割り切るかのどっちかですね。割り切った方が早いか…(笑)

吸水力は高い

非常にガッツリと吸い取ってくれるので、色々な面で拭いていけば、1回分なら全窓を拭いても問題ないでしょう。

もちろん複層ガラスで「あくまで窓枠が濡れているだけ」の状態ならですね。窓自体が濡れている場合は大人しくケルヒャーのワイパー使った方がベターです。

案外この「窓枠だけを拭く」っての、面倒なんですよね。

スポンサードリンク

結露を出さない方法

そもそもなんですが、結露が出る理由は至ってシンプル。

  • 外部との温度差
  • 室内の湿度

この2つが関わってきています。冬は外が寒くて、室内を暖める事になります。その温度差で結露が発生します。

もう一つの要素である湿度ですが、湿度もある程度高くなると結露が発生します。細かくは環境によって上下するのではっきりした事は言えませんが「快適な湿度にすると発生する」と思った方がベターです。

夜中に加湿器を切れば結露しなかった

我が家の場合はまさかのこんなしょうもない理由でした。

まさかの加湿器を切って眠れば結露しませんでした。

ただ大前提で24時間換気がついている状態って事になります。そして暖房はつけっぱなしです。

この状態なら、加湿機能だけを切って、ちょっと乾燥した状態にすれば結露が出る事はありませんでした。早朝は氷点下になっている時期でも結露をしていなかったので、これなら問題なさそうです。

暖房を消してどうなるかは確認してない

暖房を消すと猫が寒い思いをするので、我が家では確認していません…。

基本敵に猫のために我が家の場合は暖房つけっぱなしになっています。

ただ新築一軒家だと保温性が高く、リビングの暖房を一つつけておけば、あとは勝手に全部屋の扉さえ開けておけば暖まるのでなんか問題なさげな感じです…木造一軒家は暖かいです…。

動物を飼ってなくて「布団に入れば暖かいから良いじゃん!」って人は湿度を保って暖房をつけるのも手かも知れませんね…わからんけど…。

湿度を下げるならマスクをして寝よう

ただ注意して欲しいのは、結露対策として湿度を下げるならマスクをして眠る必要があるという点です。

乾燥するとウイルスが増殖しやすく、口の中に残って風邪をひきやすくなってしまいます。

保湿マスクをつけて眠ると冬の乾燥対策に!!美肌効果もあるらしい

だからそういう時はマスクをして眠りましょう。僕も冬は特に眠る時はマスクっ子です。

スポンサードリンク

今回の条件と経過まとめ

  • 複層ガラスでも周囲が結露する
  • 暖房はつけてても大丈夫
  • 24時間換気は常時つけておく
  • 寝る時だけ加湿器を切る
  • 窓外にシャッターがあっても結露は出る
  • 立地条件としては愛知県の平野部(めちゃくちゃ寒いわけではない)

という事になります。

新築の状態でも出るんだから困ったもんですね…。

ただ現状は今回の「加湿器は寝る時には切る」ってのを徹底していれば問題無い感じです。

ただあくまで愛知県の平野部での話なので、これが北国だとか山奥だったりするとまた条件が変わると思うので注意です。

結露に関しては色々な条件が重なっているとは思うので難しそうです。ただあくまで「外と室内の温度差」「湿度が高いと発生する」事を理解しておくと良いと思います。

僕が「夜だけ加湿器を切る」としたのは、平野部なので夜中だけめちゃくちゃ寒くなってその時に結露するからです。昼間で特に晴れている時は全く結露しないので…。

とりあえず現状はこれで改善しましたが、また別の対策があったりしたら書いておこうと思います。まさかの除湿と24時間換気だけで済むとは思わなんだ…。