フローリングワイパーは掃除の仕上げやロボット掃除機で取れない頑固な汚れに必須だと思った件

フローリングワイパー

床の掃除はルンバとダイソンのコードレスクリーナーで完璧ですが、天井や壁の掃除に困っていました。

手で拭くのは大変ですし、掃除機を壁に這わせるのは結構力が必要だと気付いてしまったのです…そこで目をつけたのがフローリングワイパーでした。

これなら軽いし天井にも簡単に届くし、マジでええやろ…!って思って購入したんですが、それ以上の効果も実感したので、まとめて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

フローリングワイパーのメリット

最大のメリットはやっぱり楽な点ですよね。

僕の場合はブラーバにもワイパーに使うウェットシートは持っていたので、それもあります。

これでウェットシートをブラーバとフローリングワイパーの両方に使う事が出来るようになります。

階段掃除もこれで良かった

最初は「ダイソンのコードレスクリーナーで階段を掃除しよう」って思ってたんですけど、冷静に考えたら階段こそフローリングワイパーで十分でした…なんで僕は気付かなかったのでしょうか…。

まぁそれでもコードレスクリーナーは車掃除や、デスクの上とか狭い場所とかで使えるから良いんですけどね…ケッ!(笑)

ブラーバでは取れない頑固な汚れを取る

ブラーバを毎日回しているとは言え、ブラーバはあくまで機械であり、僕のような筋トレ好きな全力でゴシゴシと磨いた程のパワーを出す事は恐らく不可能だと考えました。

そこで敢えて「ブラーバをかけた後にゴシゴシフローリングを拭いてみる」と言う嫌がらせのような事をしてみました。

フローリングワイパー
めちゃくちゃ汚かったです。

全力でゴシゴシと拭いてみて、それでもリビングを全部拭いたとは言えないぐらい、ざっとゴシゴシと拭いてみたらこれだけ真っ黒になりました。安物でもこの威力…やはり人間が磨くのが最強ですね…。

壁や天井も簡単に拭ける

当然ながらフローリングワイパーは伸縮自在になっているので、壁や天井も簡単に届くのでスイーッと拭き取る事が出来ます。

特に手垢が付きやすい電気のスイッチ付近や階段の壁などをスイスイと拭くようにしています。

これだけでも買った価値があるってもんです。

使用用途まとめ

  • ブラーバ後の仕上げ(たまーにで良い)
  • 天井や壁を拭く(たまーにで良い)
  • 階段を拭く(これは毎日)

こんな感じになっております。

スポンサードリンク

サブのサブぐらいの用途で使う

メインはルンバ、サブにブラーバ&ダイソンのコードレスクリーナー(掃除機)を僕は念頭に置いています。

ルンバは必ず朝にかけるようにしていますが、それでも取れない汚れなどをブラーバやダイソンで取るわけです。ダイソンも毎日絶対にかける!と決めているわけではありません。

ルンバやブラーバは自動なので毎日やっても苦にはなりませんが、他の自主的に動かすものは苦になるので毎日はやりません。

今回のフローリングワイパーもあくまで「たまーに頑固な汚れを取るために使う」のが主な用途という事です。

もちろん壁や天井だって、毎日磨く必要がある箇所ではありませんよね。せいぜい2週間に1度や1ヶ月に1度で十分だと個人的には感じています。

ただそれも「1回で全部屋をやる」わけにはいかないので、毎週の土日で暇な時間に1部屋づつ拭き拭きするぐらいにしています。

例えばアイディアが浮かばない時などに、ぼーっとするぐらいなら掃除をしながら僕は考え事をするので、そういう時に使ってますね。

ロボット掃除機で取りきらない物は手動しかない

やはり頑固な汚れは手動でしか取る事は出来ません。

平面の床で「ここは力を入れても大丈夫」という部分でゴシゴシと力を入れて念入りに掃除すると、上記したような真っ黒な汚れが取れたりするわけです。

これに関しては完全に僕のこだわりでやっている事なので、フローリングワイパーはほぼ僕しか使ってません(笑)

ただ改めて「ロボット掃除機は簡易式」である事を実感した瞬間でもありました。

スポンサードリンク

たまに行う最後の仕上げとしては持っておく必要がある

あくまで床がフローリングなら…という条件つきでもありますが、最後の仕上げとしてこういうフローリングワイパーを持っておくのは大事だと感じました。

そして繰り返しますが壁や天井の掃除では必須という事で、定期的に壁や天井を拭くにはベターです。手でやるよりよっぽど効率的、お値段も千~二千円なので大した金額じゃないのもポイントが高い。

ワイパーにつけるクロスもブラーバと併用出来ますし、100円ショップでも買える安物でも全く問題ないので、色々な意味でコスパの高い掃除道具だと思います。

ってわけで使う頻度はそこまで高くなくて良いとは思いますが、一応持っておいて損はない商品だとは思いますよっと。

やっぱり汚れは放置してると取れなくなるものですしね。