空気清浄機をハウスダストアレルギーと喘息持ちが使ってみた感想

投稿日:2017年5月2日 更新日: 8,788 views

空気清浄機

ハウスダストアレルギーと喘息を持っている僕は、もはや「人間ホコリ探知機」状態になっています。

ホコリがある空間に行くと喉が狭まって咳が出やすくなり、呼吸がしづらくなるのですぐにわかります。

そんな体質のくせに猫を飼っているもんだから困ったものです。そこでペットの毛とホコリ対策に空気清浄機を各部屋に設置する事にしました。

今回私が購入したのは「SHARP」の加湿空気清浄機です。

スポンサードリンク

シャープの加湿空気清浄機 KC-B50-Wを購入した理由

購入したのはシャープの「加湿空気清浄機KC-B50-W」です。

ではまず何故これにしたのかと言う点を紹介したいと思います。

花粉やPM2.5にも対応

PM2.5にも対応してるって堂々と書いてありました。PM2.5はかなり小さな粒子という事になるので、花粉やハウスダストは余裕で対応している事になります。

私も娘も花粉症に悩まされているので、これがあれば家族全員がアレルギーに悩まされずに済むかも…?と思ったわけです。娘のためにも置いておくべきだと思いました。

価格が凄く安かった

実はたまたまこの空気清浄機を購入する前に、掃除機を買いにお店に行ってまして、そこで空気清浄機の相場を見てたんですね。

そしたらこの空気清浄機が実に安かった。それが決め手の一つです。

普通に空気清浄機をお店に行って買おうとすると3~4万するのばかりが置いてありますが、この製品は型落ちなのかAmazonだと1万3980円になってました。

ただし現状だと既に中古品しかなく、新型は3万円ぐらいになっているので注意です…。

フィルターは10年交換不要??

めっちゃくちゃウソっぽいけど、10年はフィルターを交換する必要はないとか書かれておりまする…うーんウソっぽい…!笑

この辺りは実際に使ってみて書いていきたいと思います…ずっとつけっぱなしにしていますが、背面のフィルターは本当に綺麗です。

ただし定期的にカバーを外して掃除機でホコリを吸い取る必要はあります。それさえやっていればフィルターはずっと綺麗なまま使えます。

問題は加湿フィルターの方です。

加湿フィルターは1年に1度変えるべき

この2つは1年に1度の交換が必要となります。

ですがこの2つはあくまで「加湿機能を使う時に使うもの」となります。だから冬が過ぎればほぼ使う事はありません。

しかし困った事に冬の間は品薄状態が続くので…早目に購入してストックしておくぐらいの方がベターなレベルです…。

電気代は全然かからない

公式サイトで確認すると、加湿をつけた状態でも1日24時間あたりの電気代は以下の通り。

  • 強運転時=約9.7円
  • 中運転時=約7.1円
  • 静音運転時=約2.5円

凄く安いですね…。

これだと31日間つけっぱなしにしてても、77~300円の電気代しか要らないって計算になりますね。それなら全然良いと個人的には感じます。

これなら個人的には24時間つけっぱなしでも問題ないなと感じます。空気が綺麗な方が大事です。

新型がたくさん出ている

僕が今回買ったのはこっち、Amazonでも中古ばかりになってしまいました。

こっちが13畳までの部屋で使えるもの。

色々ありますが、Amazonで値段が変動しているので比較して検討する事をオススメします。

大体現状だとどれも2万円前後で購入可能という事になりますね。

実際に使ってみた感想

ここからは実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

もう使い始めてから数年程度経過していますが、かなり満足しています。

初期設定はフィルターの袋を破くだけ

シャープの加湿空気清浄機 KC-B50-W
新品が来たら、この背面をはがしましょう。

シャープの加湿空気清浄機 KC-B50-W
黒いフィルターは袋に入っているので、これを剥がしてむき出しにします。

シャープの加湿空気清浄機 KC-B50-W
白いのも剥き出しにして、このタグが見える状態にして黒いフィルターをかぶせてカバーをかければこれで準備完了。

後はコンセントにぶっ挿してスイッチオンです。壁からちょっと外して設置すると良いそうです。詳しくは説明書読めば書いてあります。

ほこり除去の効果は凄い

一番最初に書いておきたいのは、これをつけてから私の鼻水の量が一気に減ったという事です…。

掃除をしている状態だと、いくらマスクをしていても鼻水が止まらなかったんですが、空気清浄機を設置してから本当にピタリと止まりました。

私はハウスダストアレルギーのせいで、ほとんど人間ホコリ探知機状態なんですが、本当に感じなくなりました。

この空気清浄機がある部屋と無い状態と有る状態での落差が結構激しいです…。

静音性は高い

普通に使う場合の静音性は非常に高いです。

運転音は20~51dBと記載されていますが、本当に全然わからないレベルです。

普段は空気清浄機がついていることを忘れるぐらい、全く音がしません。つけている事がわからないぐらい静かです。

ただプラズマクラスターをONにすると「ぶおー」って音がしだすので、なんか冷房をつけたばっかりの時みたいな音がします(笑)

プラズマクラスターをつけてもしばらくしたら勝手に切れてくれるので、音楽でもつけてる間につけちゃうのも手だとは思います。

ただ基本的には静かなので、あんまり気にする事もないかなぁ…と思います。

きれいモニターの精度は高そう

基本的には「自動」に設定しているので、空気が汚れたら一気にパワーが強くなる事になります。

シャープの加湿空気清浄機 KC-B50-W
緑色になっているセンサーがオレンジっぽくなったら汚れてる証拠になる。

面白かったのが、うちの猫が空気清浄機の前を歩いた瞬間にきれいモニターが急激にオレンジになって「ぶおー!」って言い出しまして、娘と妻が大笑いしてました。

とまぁ、わかりやすく猫が通っただけでも反応するきれいモニターさんの反応は、現状では高そうです…笑

加湿もあるのが最大のメリット

正直僕は除湿は必要ないと思います。なんでかって言うとエアコンを使うと勝手に除湿もされるからです。

特に夏は暑いので、嫌でもエアコンつけないと厳しいです。エアコンつけたら勝手に除湿されるので問題はないんですよ。

でも冬場はそうはいかない、元々乾燥してて更にエアコンつけたらもっと乾燥します。

そんな時にはどうしても加湿器が必要になります。特に我が家では娘が乾燥肌なので、常に加湿器はつけていました。

それなら除湿機能つきの空気清浄機より、加湿機能がついている方が良いって僕は思いました。これで加湿器が要らなくなるし…笑

加湿器の機能についても個人的には満足しています。暖房をつけている部屋で使っていても、乾燥をそこまで感じづらくなっています。

喘息とハウスダストアレルギー持ちには効果あり

僕自身がハウスダストアレルギーと喘息で苦しんでいる人間だからこそ思うんですが、空気清浄機は絶対にあった方が良いと思います。

アレルギー反応ですぐにホコリの有無がわかる人間からするとビックリするぐらい違います。

でもこれ、たぶんそういう反応がない人からすれば全然違いがわからないと思います。

喘息とハウスダストアレルギーがある人はすぐ違いがわかるはず、ただ少し前までの僕みたいに「この症状がハウスダストのせいなのかわからない」って人の場合はわからないんでしょうけどね…。

今はハウスダストの知識を得てるし、大人になったから違いが明確にわかるので「これはあった方が絶対に良い」って自信を持って言えます。

さすがに3~5万円も支払ってまで購入したいとは思いませんが、1万ちょいなら買った方が良いって個人的には思います。

喘息やハウスダストのアレルギー症状に苦しむよりは絶対に良いです。

スポンサードリンク

定期的に開けて掃除をする必要がある

当然ですが、水を入れるタンクの部分などは定期的に開いて掃除をする必要があります。

この記事を再編集する際に試しに開いてみたら、たくさんのホコリがついてまして…本当にドン引きしました…。

「中身にこれだけホコリがあったら意味ないんじゃないの?」って感じです。

ですから数カ月に一度は絶対に掃除するようにしましょう。開いて中をしっかりウェットティッシュで拭くなり、外に出して水洗いをするなり、どちらでも構いませんので掃除をしてメンテナンスをしてあげてください。

これぐらいの空気清浄機で十分

これまた個人的な意見ですが、ハウスダストアレルギーも喘息も持ってない場合は、そこまで空気清浄機にこだわる必要があるのかは謎です。

ですがアレルギー反応を常に起こしてしまって、常に喉や鼻が炎症している場合には絶対にあった方が良いと断言出来ます。

でもそれがない場合は無理に購入する必要はないと思います。

ただハウスダストアレルギーの記事でも書きましたけど、元々人間には許容範囲があって、アレルギー持ちの人はその許容範囲が他の人に比べて狭い…って理由でアレルギー反応が表面化しているわけです。

つまり誰だっていきなりハウスダストアレルギー持ちになったりして、私と同じようにホコリやダニが原因のくしゃみ、鼻水に苦しむ可能性はあるんですね。

そこをどう捉えるかによって空気清浄機が必要なのか不要なのか分かれるとは思います。

ただハッキリ言えるのは、家族にハウスダストアレルギーや喘息持ちの人がいる場合は、絶対にあった方が良いって事です。

もしハウスダストアレルギーや喘息を持っている人が家族にいる場合は、今回私が紹介したシャープの空気清浄機が安価なのでオススメしておきます。

スポンサードリンク

加湿フィルター交換のやり方

加湿フィルターは結構早く劣化します。普通の空気清浄機のフィルターは本当に数年使っても問題ありませんでしたが、加湿フィルターだけはヤバイ。

そこでこの2つを購入しました。

これを取り替える事で加湿空気清浄機を使う時に、その加湿の水蒸気が綺麗になる…との事。ちなみに水を入れる場所ですが、放置してるとカビだらけになるので絶対に冬が終わった時点で洗う事をオススメします。

加湿フィルターの替え方

加湿フィルターの交換
最初こうなっている部分の、水を入れる部分を取り外します「押して下さい」と書かれている所を下に押すとぺこっと取れます。

加湿フィルターの交換
ここに水が溜まったりします。掃除をしてない人はここを見た時点でドン引きするレベルで汚れているので注意。ちなみにこれは既に掃除後です(笑)

加湿フィルターの交換
下に押して引っ張り出すと加湿フィルターが見えてきます。

加湿フィルターの交換
なんか黄色いのが付着しているのがよくわかります…何これ…。

加湿フィルターの交換
フィルターはこのように外せます。灰色の部分を取り外す事が可能になっています。

加湿フィルターの交換
純正のフィルターはこのようなダンボールに入っています。ちなみによくみると猫が僕に擦り寄っていたので、後ろに見えています(笑)

加湿フィルターの交換
中身はこんな感じ、色に違いがあるのがおわかりいただけるだろうか?

説明書がついているので、その通りに外して設置すればOKです。

加湿フィルターの交換
1年に1度の交換が必要なイオンカートリッジです。2個入りで二千円以下なのでまぁ安いですね。

加湿フィルターの交換
こちらは水を入れるタンクの蓋を開けると、内面についています。これを回して外して交換するだけだから簡単ですね。

これを変える事で水が綺麗になる…って事みたいです。

フィルターは毎年変える必要はないかも?

フィルター自体は洗えば黄色い汚れは落ちる…と言う話もありましたが、個人的にはちょっとこれは怖いので掃除する事にしました。

加湿機能を使っていなくても「ここを通った空気清浄なんて意味がない」と思って、冬が終わったばかりですが変えておきました。

個人的には毎年冬が終わった時点で切り替えれば良いかなー?って思ってます。夏の湿度が高い間にどうなるかは気になる所ですが…。

何にせよこうやって定期的にフィルターとカートリッジは変更した方が良さそうですね!!

関連記事

24時間換気の給気口につけるフィルターを実際に使ってみた感想…ハウスダストアレルギー持ちには必須!

ハウスダストアレルギー対策の一つとして、給気口や換気扇にちゃんとフィルターをつける…というのをやってみました。 実は給気口にもフィルターがついていないものもあります。 実際に見てみてドン引きしたんです ...

ルンバ980と960をハウスダストアレルギー対策で使ってみた感想…引っ越しをしてでも購入をオススメします

ハウスダストアレルギーの強い味方、iRobotのルンバ980と960を購入しました。 ここ最近ずっとルンバさんで掃除しているんですが、本当にコイツは凄すぎてヤバイので最強にオススメ過ぎるから紹介させて ...

ダイソンのコードレスクリーナーV8フラフィを使ってみた感想…ルンバのサブ機としては超優秀

ルンバに引き続き、今度は深い事は特に考えずにダイソンのコードレスクリーナーV8を購入しました。 購入した理由は当然「ルンバで掃除出来ない細かい部分を掃除するため」です。 んで主にルンバで掃除できない所 ...

サイクロン掃除機より紙パックが良いと思った理由まとめ…ホコリを吸い取るパワーが違う

以前まではサイクロン掃除機を使っていたんですが、ハウスダストアレルギー持ちとして「ホコリを徹底して排除する」目的で考えた時に、サイクロン掃除機より紙パックの方が良いと感じました。 そこで今回はサイクロ ...

SHARPの除湿機「CV-F71-W」を使ってみた感想…脱衣場に乾燥機がない場合はカビ対策に必須

SHARPのプラズマクラスター「CV-F71-W」を購入して実際に使ってみたので、今回はその用途と実際に使ってみた感想について紹介します。 実際に買ってみて本当にビックリしたんですけど「除湿って凄いな ...

Copyright© ハウスダスト対策の自宅作り 家レスQ , 2017 AllRights Reserved.