ブラーバが充電されなくなった時の対処法…一度電池を抜いてまた挿したら元気になりました

iRobotのブラーバを購入してから半年近く経った頃、なんかブラーバの動作がおかしくなってきました。

電源を入れてもすぐに起動を停止してしまうのです…。

そんな状態がずっと続いてて「もう叩き壊して捨てようかしら」と本気で思っていたんですが、今回試しにアイロボット社に電話してみたら簡単に解決したので、とりあえず解決法を紹介したいと思います。

一言で済ませると「電池引っこ抜いてまたつけたら治りました」

【追記】結局これでもすぐダメになったんですが、修理してもらって直りました(笑)

スポンサードリンク

ブラーバの故障を疑った今回の症状

僕は常にブラーバは充電器にセットして置いてますし、その上で家の中は常時エアコンがつきっぱなしになっているので、どの季節でもそこまで気温に大差はありません。

つまり保存環境としてはそこまで悪くはないって事です。

ちなみに10℃以下の場所だったりするとあまり電池には良くないっぽいですよ。

充電してもすぐ動作が止まるようになった

どれだけフルで充電してもすぐに電源が切れるようになりました。

ボタンを押しても5分ぐらいですぐに止まってしまう。その際に赤いランプがついていたのは覚えています。

これが何度やっても変わらず。以前は20畳近くあるリビングを一回でほぼ全部拭いてくれていたのに、リビングに来る前のキッチンの掃除で終わってしまっていました。

いつもキッチンの床を拭いてもらって、そのついでにリビングも拭いてもらっていたのに…まさかのブラーバが怠け者になってしまいました…。

サポートセンターの指示で回復

サポートセンターに電話してみて「半年で電池がダメになることってあるんですか?」とまずそこから確認しました。

回答としては「1年半が経過して、そこから徐々に落ちていくはず」との事、だから半年で5分で切れるようになるのはおかしいと。

そこで「試しに電池を抜いてリセットしてみて欲しい」と言われました。それがダメならもう一度連絡をくれれば、購入から1年以内だから無償で修理すると。

電池の抜き方

ブラーバの電池の抜き方
背面の下の方にある一文字の部分をコイン、もしくはマイナスドライバーで回します。回すと蓋が取れる。

ブラーバの電池の抜き方
この水色が電池です。

ブラーバ
本体を外すと奥にコネクタが見えます、これを極力直接持って引っこ抜きます。コードを持つと切れる可能性があるので注意。

一度抜いたらまたコネクタをぶっ挿します。僕は本当に対して時間を置かずにすぐぶっ挿しました。

スポンサードリンク

後は充電してから使ってみるだけ

後はまたしっかり充電してから使ってみてください。

カスタマーセンターでは「何回か充電をして使えば戻ってくるはずです」との指示を受けてましたが、一回目から明らかにブラーバがやる気を出して元気を取り戻していました。

ここ数ヶ月の悩みはなんだったんだと…(笑)

ホントにすぐにカスタマーセンターに電話してみるべきだったなと…後悔しております…てっきり電池を買い換える必要があると思ってたんですが、それで半年ごとに交換するなら結構なコストが必要になるので、コスパ悪いなぁ…と思って動けてなかったんですよね。

これでまた頻繁にブラーバで雑巾がけが可能になります…ありがたい限り!

水拭きボタンは正規品以外では禁止らしい

これ僕も今回言われて初めて知ったんですが、例えば100円ショップのお掃除系のシートを使う場合とかは乾拭きボタン(右側の方)を使わないとダメらしい。

水拭きボタンはあくまでブラーバ正規品の雑巾を使う時だけなんだそうな…知りませんでした…。

ずっと水拭きボタンでやってましたよ…それもいかんかったのかな…わからんけど…。

何にせよそういう事らしいので、僕みたいな症状に悩まされている人は注意してくださいね。