家の床が白いとゴミが目立つので掃除意識が高まるのでオススメ…床だけは毎日掃除をしよう

ハウスダスト対策を徹底するなら、個人的には「床は白の方がオススメ」である事を伝えたいと思います。

もちろんあまりにも真っ白だとすぐに汚れが目立つので嫌かも知れませんが、この「汚れが目立つ」の凄く大事なんです。ハウスダストアレルギーを持っている人がいる家庭のみの話ですが…。

僕自身、家の床が白い事で「汚れがどれだけの速さでつくのか」を可視化出来たのは本当に良かったです。

これまで「何日間は掃除しなくて良い」的に思っていた指標が総て間違っている事がよくわかりました。

スポンサードリンク

1日で大量の毛が落ちている

これ本当にビックリしたんですけど、床が白いと毛が目立ちます(笑)

例えばですが、これは極端な例ですが猫が僕に甘えてきたのでいつもとおりちょっと撫でて愛でていたんですが、その後の床を撮影してみました。

猫の毛
夏なので猫の毛が抜けやすいとは言え、これだけの毛が落ちています。

毎日掃除している部分でも、1日経つとこのように毛が落ちています。

人間の毛
これは人間の毛ですね、床が白くなくてもある程度明るい色ならこれぐらい見れます。左上と右下の方に落ちてますね。

このように毛が落ちているわけですよ。当然ですが1日でこれだけって事は2日間も放置してたらとんでもない事になります…。

ハウスダストを気にするなら毎日の掃除が必須

これだと本当に「毎日床の掃除をしないとダメ」って話になります。

実際に僕もこれを実感したのは引っ越しをしてからです。

何故なら以前の家の床が黒に近く、毛が落ちている事があまりわからなかったからです。

そう床の色が黒に近いと、毛の色と同じになってしまって、どれぐらい床にゴミが落ちているのか実感しづらいんです…。

だから僕は必ず毎日絶対にルンバを使うようにしています。

本当は1日に2回かけたいぐらいですが、猫にも人間にもストレスになるのでさすがにやめました…(笑)

スポンサードリンク

床が白いからこそ掃除の頻度が上がる

床が白いからこそ「掃除しないと色々と落ちてるなー」ってすぐに気付く事が出来ます。

以前の家では全然わからず、見た目では判断する事が出来ませんでした。またある程度掃除は妻に一任していたので、自分でどれぐらいの掃除の頻度にするかの判断が出来ませんでした。

これも個人的にはデメリットだなと、ルンバの場合は誰が負担するわけでもないので、床に落ちているものがあったら回収してスイッチを押すだけ、これだけの作業なので全く苦にはなりません。

これらは本当に床が白いからこそ実感した事です。

もちろんそういうのを見なくても実感出来るなら、皆さんはもしハウスダストアレルギーを持っている人間が身内にいるなら「毎日絶対に床は掃除しないとダメ」って覚えておいて欲しいです。

ちなみに床以外は毎日総てをやる必要はさすがにないです。

面積が広いところは毎日掃除が必要

僕の家の場合はこれらの部分は毎日拭いています。

  • ダイニングテーブル
  • キッチン

これらはそうですね。リビングに大きなテーブルを置いているならそこも毎日吹いた方が良いでしょう。

僕はそういう手間を減らすために、リビングのソファは小さく、家族が座れれば良いので人数分のサイズにして、テーブルも小さくしました。ベッドサイドテーブルを横にして使っているだけです(笑)

こういうのですね。結構便利です。無駄に大きいものを置くとホコリが溜まりやすいので、僕は無駄に大きいものは絶対置かないようにしています。必需品の場合は仕方ないので諦めています。

細かい部分はローテーションで定期的に拭いていく

例えば扉の上部だったり、扉やクローゼットの枠の部分、足元にある巾木(壁際にある木材、当然ですが上部にホコリが溜まる)などは毎日掃除するほどではありませんが、定期的に拭いていきます。

そういうのもふとした瞬間にゴロゴロするのではなく「今日はここまで拭いておこう」と決めて拭くようにしています。

台所周辺を拭く時、リビング周辺、2Fの寝室、仕事部屋を拭く時などを日によって分けてローテーションにしています。

1週間に1度拭くぐらいの頻度が個人的にはベターだとは思っています。それを適当にローテーションしていれば、1日数分でその掃除も終わるはずです。

毎日コツコツやるのが掃除のコツですね。そしてそれが可能になる環境を自分で作るのも大事です。

どれだけ気をつけてもゴミはすぐ溜まる

悲しいかな、僕はこう見えて窓を全部締め切って、給気口にはフィルターをつけて、極力外部からは砂やホコリが舞い込まないようにはしています。

それでも1~2日でそこそこのホコリやゴミが溜まるんです。結局どれだけ頑張っても一瞬でも扉や窓を開ける事があれば、それで入ってきますし、自分達の肉体からも飛散します。

ですから一番面積が大きい床はルンバやブラーバなどのロボット掃除機で自動的に毎日掃除して、面積が狭い机の上などは自分の中で「ここは週1で掃除」「ここは2日に一回」などに分けて掃除する事をオススメします。

そして何度も書きますが、極力外に物を置かず、掃除しづらい空間を作らない事をオススメします。ちなみに僕はクローゼットの中でも、床に物を置かないようにしています。その方が掃除がしやすいからです。