ルンバ980と960をハウスダストアレルギー対策で使ってみた感想…引っ越しをしてでも購入をオススメします

投稿日: 1,319 views

roomba960

ハウスダストアレルギーの強い味方、iRobotのルンバ980と960を購入しました。

ここ最近ずっとルンバさんで掃除しているんですが、本当にコイツは凄すぎてヤバイので最強にオススメ過ぎるから紹介させて頂きます。

対応も込みで総てがパーフェクトでした…もうルンバ無しの生活なんて考えられない…!!

スポンサードリンク

ロボット掃除機とは?

ロボット掃除機とは、非常に簡潔に言うと「ボタンを押せば床を掃除してくれる自動の掃除機」です。

僕が購入した980と960はハイエンドモデルになりますが、それだけの価値がある最強の家電となっておりますよ!!

障害物は勝手に避けてくれる

凄い事に家具や壁がある所は、クッションのように衝撃を和らげるボディに軽く当たったら、その時点でもう避けてくれるようになります。

基本的には家具があっても問題なく使えるということになります。

ただ少しでも障害物をなくした方がベターなので、小物などは総て排除した方がベターです。

ルンバ利用者の場合は「ルンバのために片付けをするから家が綺麗になる」とまで言われてまして、実際にそれを僕も実感しています。

物が散乱しているとルンバが使えなくなるので、物を徹底的に片付ける事になるので…(笑)

掃除機をかけてもどこからかホコリを回収する

実際にルンバを使ってみるとよくわかりますが、毎日掃除機をかけていようと、ルンバにはたくさんゴミが溜まっていきます。

本当にビックリするぐらいゴミが溜まります、なんでやって突っ込みたくなるぐらい溜まります。

ただ我が家には猫が2匹いるので、その猫の毛が多いってのもあるとは思います…(笑)

個人的には「掃除機をかけても取れないゴミをルンバが回収してくれる」時点でルンバは有りなのです。

ルンバ980と960を購入してみた

1Fを980、2Fで使う事にして両方を購入してみました。

実際に買ってしばらく使ってみて思ったのは、結構音などに差があるのでこの2機種の間でも性能に差はあるかも知れません。

気のせいか960の方が壁とかにガンガンぶつかってうるさい気がします…980はそれほどの音はしてないと思うんですよ。

カーペットブーストはカーペットを掃除する際にパワーが上がるというもの、つまりカーペットを使っていないなら意味はありません。

またハウスダストアレルギー持ちはカーペットはハウスダストのたまり場になるので絶対に使わない方がベターです。実際に僕は一切敷いていません。キッチンマットすら敷いていません。

Wi-Fiでアプリに繋いでスマホから管理が可能

980と960の場合は、Wi-Fiがあればアプリで管理が可能になります。iRobotのアプリに登録すると、複数の機器を登録する事が出来ます。ちなみにブラーバジェットも登録可能。

登録はアプリを開いたら「ロボットを追加」を選択して、後は完全にアプリに従えば出来ます。注意点は5GHzの回線は不可能で、2.4GHzにしないといけない点です。

スマホも2.4GHzに繋いでおいて、その上で登録しましょう。でないとエラーで弾かれます(やりました)

ちなみにホームベースを設置して充電中に設定しないといけないので注意ですよっと。

起動と停止がワンタッチで可能

roombaのアプリ
設定が完了するとこういうのが表示されます。CLEANボタンを押せばそれでroombaが起動します。

roombaのアプリ
下部メニューの一番左を押すとこういうのが表示されます。清掃モード設定です。僕は清掃モードは必ず「2回走行による清掃」をしています。ハウスダスト対策ですから、念入りにやってもらいましょう。

roombaのアプリ
こちらは980のメニュー、カーペットブーストが入っている事がわかります。さっきのは960なので、違いはこの点だけです、ホントに。

roombaのアプリ
清掃履歴です。2回走行だと1フロアの掃除に1時間はかかります。

roombaのアプリ
こちらは自動で起動する時間を指定出来ます。個人的にはアプリでワンタッチなのでどの時間でも良くね?と思って設定してません。また床にある物などを整理して、椅子を上げたりしてから開始するので、不要かなぁとも思ってます。

スマホに通知が来る

清掃が終わった時、エラーが出た時などは全部スマホに通知が来るようになります。

これもスマホで操作出来るメリットの一つです。例えば2Fにいる間に1Fを掃除している時とか、止まってしまったのか正常に終了したのか一発でわかるんです。

実際に今日、ホームベースの位置がちょっとズレてしまって帰還できなくなっていて、このように通知が来ていました。

roomba
このホームベースがズレるという現象は結構あるので注意です…ホームベースの置き場所によってこういう現象が起きやすくもなります。

バーチャルウォールで行き先を制限可能

バーチャルウォール
バーチャルウォールと言う電池で動くガジェットが980は2個、960は1個ついてきます。

電池を入れてスイッチを上に向けると「そこから先には進めませんよ」という境界線を敷くことが出来ます。

スイッチを下にすると「この周囲は来てはいけませんよ」という壁を作る事が出来ます。我が家では猫の餌場にこれを置いてますね。

でもあまり「ここには行ってほしくない」って場所がない場合は活躍しないものでもあります。実際にうちも合計で3個ありますが、2個しか使ってません。

スポンサードリンク

ルンバが活躍する環境は?

ルンバを活躍させるためにはある程度の条件が必要となります。

この条件が合えば、ぶっちゃけルンバに10万円を使っても全然惜しくない、最強のお掃除道具になります。

間仕切りが浅い

ルンバを使う最低限の条件はこの「間仕切りが浅い」事です。

これがないと1部屋づつにルンバを設置して移動していく事になるので、あまり意味がありません。1フロアに3部屋あったら、1フロアを掃除するために3回もルンバを移動させて起動させる事になります。

さすがにそれなら掃除機でやった方が早いです…。

ドアの間仕切り
ドアの間仕切りがこれぐらいなら簡単に乗り越えて行けます。

こういう家の作りでないとルンバは使えません。古い家だとドアの所の間仕切りがもっと段差になっていますよね。そういう家だとルンバが活躍出来ないのです。

この掃除のコストを考えると、その時点で引っ越しを考えても良いと個人的には思います。※ただし持ち家の場合は無理する必要はないけど。

全部の扉を解放できる環境にある

ルンバをかける際に全部の扉を解放する必要があります。

全部の扉を解放すれば、部屋間仕切りを通り過ぎてルンバは全室掃除してくれます。うちではトイレの扉も開けますし、脱衣場の扉も開けてます。

これが出来るだけで掃除の手間がグンと減ります。ルンバさんが広い場所は全部やってくれるので、あとは冷蔵庫や洗濯機の所にあるちょっとしたスペース、ソファをどかした所、階段などの数分で終わるような部分を掃除機で吸い取るだけでOKです。

この全室扉の解放が出来る時点で、絶対にルンバを使うべきだと僕は感じてます。

床に物が無いこと

当然ですが床に物が置いてあればルンバで掃除が出来ません。

置いてあるとしても最低限の物にしましょう。

うちの場合はこれだけになります。

  • 猫の餌場
  • 猫のトイレ
  • 空気清浄機
  • ソファ

これだけです。これ以外の物は全部無い状態になっています。

またルンバを活用するために家具にもこだわりを持ちました。

ベッドやテレビ台の足に10cm以上の高さを持つ

考える事は誰でも一緒「ベッドの下やテレビ台の下も掃除して欲しい」これですよね。

だから僕は両方を10cm空いた物にしました。両方ともニトリで買ったものになります。

こういうのだと足の長さが10cmはあるので、10cmあればルンバは通れます。

正直テレビ台は全然気に入ってませんが、テレビ台で足が10cmあるのがこれぐらいしかなかったので、そこは妥協しました…(笑)

これでホントに「動かさないと掃除が出来ない大きな家具」はこの4つだけになりました。

  • ソファ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • キャットタワー

これに関してはもうどうしようもないかなと…他の小さな物はローラー付きを選択したり、ルンバをかける際にちょっと場所を移動させるようにして、毎回掃除する部分を変えられるようにしています。

コードを床に置かない

コードが床に置いてあると、そこにルンバが引っかかったり吸い込んだりして、コードがとんでもない事になります。

実際に僕も一度テレビのコードが落ちてしまった事があり、そこに引っかかってしまった事があります…。

テレビのコードは全部テレビ台の上を通して少しも床に落ちずにコンセントに挿さるように調整してあります。

空気清浄機のコードも全部丸めて浮かせて使っています。

ホームベースは壁にひっつけよう

ホームベース
うちの960はこのようにホームベースを設置してあります。高い所にコンセントがあるのでこれまたコードは宙吊りです。

ホームベース
このように壁際に置いた方がベターです。何故ならたまに帰還に失敗するんですこの子…。

基本的にはスイッチを入れたら、動ける範囲総てを掃除してそれを終えたらホームベースに戻って行きます。

ですがホームベースに入れないと、どこかでそのまま固まって停止する事があります。上記したエラーがまさにその状態でした。

リビングのroomba980はソファ際に置いてあるので、そのせいで結構ズレるようで、そのエラーが頻発してます…。

960をこのように設置したら、現状一度もエラーは起きてないので、やっぱり壁際が一番かな~って個人的には感じてます。

ルンバのお手入れ方法

ルンバは一日で凄い量のホコリを除去してくれますが、その分お手入れも必要になります。

掃除機と一緒なんですが、本当に結構頻繁にお手入れしなければいけません。

ってわけでついでなのでお手入れ方法と頻度について紹介しておきます。

ルンバは1日で凄い量のホコリを排除します

ルンバで回収された猫の毛
これ、毎日ルンバと掃除機かけてる家の2~3日分のホコリ(と猫の毛)です。

猫の毛がめちゃくちゃ多い気はしますが、どっちにせよこれだけのホコリが溜まるわけですよ…。

家の中は24時間換気で本当に必要な時以外は一切窓を開けず、常にエアコン完備にしてても、やはり人間が3人と猫が2匹いるとこれだけのゴミが落ちているということです。

ちなみにこれを撮影しただけでアレルギー症状で目が痒くなりました本当にありがとうございます。ついでに捨てといたけどゴミ…(笑)

これぐらい本当にルンバさんの効果は絶大です。

ルンバの掃除をする時期はアプリでわかる

実はこれiRobotのルンバ用のアプリを入れておけば簡単にわかります。

ルンバのアプリ
アプリを開いて該当のルンバを選択して右下にある「…」みたいなマークを押すとこの画面になるので「お手入れ」を選択します。

ルンバのアプリ
アプリで解除ボタンをずっと押していなかったので真っ赤になっています…(笑)

ちなみにこれをタップして「ステータスをリセット」を押すとゲージが0に戻るので、このゲージが溜まってきたら掃除の時期って事になります。

何にせよこれが目安になります。ちなみに毎日使っている場合は結構すぐ溜まります…。

掃除のやり方

ルンバの掃除
ルンバさんです。左下の方の押せる所を押しながら引っ張るとダストケースが取れます。

ルンバの掃除
開くとこんだけゴミが溜まってます。大半が猫の毛です恐ろしい家です。

ルンバの掃除
これぐらいですねサイズ感的には。

ルンバの掃除
ダストボックスと本体を繋げる接続部にもこのようにホコリが残ります。

ルンバの掃除
そんな時はハンドクリーナーがあると超絶便利、ダイソンのコードレスクリーナーはハンドクリーナーとしても大活躍します。持ってて良かったダイソン。これで吸引すればある程度綺麗になります。

ルンバの掃除
ひっくり返したまま掃除を進めます。下の方にある黄色いポッチを押して開くと、中にあるローラーみたいなのが取れます。

ルンバの掃除
こうなります。中に汚れがあるのがよくわかりますね。右の方を見ると毛がめっちゃ絡んでます。

ルンバの掃除
ローラーにも鬼のように髪の毛が絡んでます。これどれぐらい絡んでいるのかと言うと、1本2箇所、合計4箇所を排除すると以下のような惨状になりました。

ルンバの掃除
めっちゃ絡んでましたね…気持ち悪いですね…。

ルンバの掃除
ローラー本体をウェットティッシュで拭き拭きしたらそこそこ綺麗になりました。ウェットティッシュは掃除をする際に必須、100円ショップで買いまくりましょう。

ルンバの掃除
ルンバさんでいつも回転してゴミをかきだしてくれているブラシも掃除します。ここはプラスドライバーで開けるしかありません。

ルンバの掃除
ほら、なんか黒いものが見えますね、嫌な予感しかしませんね。

ルンバの掃除
髪の毛の塊が取れました、キモイですね。ちなみにこれは数カ月分です。数ヶ月放置した結果これです、すいません。

やるべき掃除は以上

とりあえず日常的にやるべき掃除は以上です。

掃除の頻度は使う頻度や家の広さによって大きく異なるので、これもアプリを見て参考にすると良いと思います。

ルンバは基本的にはスイッチを押せば部屋を掃除してくれる非常に便利な家電なんですが、1ヶ月に一度ぐらいかな?こういう掃除は必要になりますね。

正直ここまで毛が絡まっているとは思いませんでした!

いやマジで…でも今回のこれはあくまで数ヶ月放置した結果なので…そりゃ数ヶ月放置したらこうなるよなと…(笑)

スポンサードリンク

ルンバを使うようになって変わった事

僕は幼い頃からのハウスダストアレルギー持ちで、もう大ベテランです。

以前の記事でも書いてますが、ハウスダストがあればすぐにくしゃみ、鼻水、涙が出てきて目が痒くて死にそうになります。

まさに人間ホコリ探知機です。

そんな僕ですが、ルンバを完備して掃除を徹底してから、以前に比べるとハウスダストの症状が1/10以下ぐらいになっています。本当に天国です、ヤバイです。

ルンバに限った話ではないとは思いますが、ロボット掃除機はマジで半端ないです。少なくとも僕はこのルンバに10万円を使った事を後悔していません。

むしろこれまで使って来なかった事を後悔しました。

たったの10万円で、ここまで掃除が楽になり、たったの10万円で、僕の症状がここまで緩和されたと…もうね、ある意味では泣けてくるレベル。

ってわけでルンバは絶対的にオススメです。特にハウスダストアレルギー持ちがいるご家庭では絶対に導入する事をオススメします。

繰り返しますが、家の構造上であまり役に立たないなら、そして掃除に大量の時間を取られているなら、引っ越しをしてても導入する事をオススメします。

アレルギー持ちは自分で掃除が出来ない

ハウスダスト持ちからすると「毎日掃除機をかけて、ホコリを完全に排除して欲しい」と思うんです。

ですが自分で掃除機をかけてしまうと、自分がその時点でホコリを吸ってしまって症状が出ます。

じゃあ親や配偶者、同居者に「自分が苦しいから、毎日掃除機をかけてくれ」なんて言えるのかといえば、僕は言えないです。

だからこそ僕はルンバを買いました。誰も疲れない、誰も苦労しない。自分が床に物を置かないように片付ければ、後はルンバがある程度のホコリを排除してくれます。

階段は仕方なくコードレスクリーナーで掃除してますが、それならまだ我慢出来ます。最悪マスクすれば症状は限りなく抑えられる。

だからこそ、僕はロボット掃除機はハウスダスト持ちの救世主だと思っています。

当然ですが、ロボット掃除機をかけている間は、ハウスダストアレルギーの症状を持っている人はその場から離れていないと意味はないですよ!

症状持ちの人がいない時間帯にロボット掃除機をかけるようにすれば、これほど便利なものはないと思いました。

機種によって性能に差がある可能性はある

実際に僕は980と960以外を持っていないので確信は持ってませんが、980と960でも騒音などに差があるので、やはり「家の事を考えると最新機種にして損はない」とは思いました。

960の方がガンガン音がしている気がするんですよ。障害物に当たっていたり、段差を乗り越える際に音がうるさい気がします…。

そして980の方がスムーズに壁際を綺麗に掃除している感があるので…そこはもしかしたら僕の気のせいかも知れないんですけど、もしそれがガチなら結構な差があるって事になります。

だからもと下位の機種だと、更に性能が落ちている可能性はあるので注意して下さいね。

それらは買う際に店舗やメーカーに問い合わせると良いかも知れません。

改めて普通に掃除をするとロボット掃除機の便利さに気付く

何にせよ僕はもうルンバは手放せません。故障しても絶対に買い直すと思います。それぐらい毎日の掃除機をしなくて良くなった事に感動してます。

だって掃除機をかけようと思ったら「あれ?どこまでかけたっけ?」って自分でもわからなくなったんですよ…。

掃除機で徹底して床を掃除しようと思うとやはり時間が必要になります…ハウスダストアレルギー持ちの場合は「ほんの少しも漏らさず全部ホコリを取りたい」と思ってやっているので、よけいですよね。

それらを全部自動的にやってくれるルンバはやはり最強だと感じました。

ってわけで使えば使うほど「ルンバ最強過ぎ」と実感しているので、ハウスダストアレルギーを持っている人が家族にいる家庭には絶対的にオススメしますよ!

ここ数年間で購入したものの中で、正直ルンバがダントツで「買って良かった」と感じた商品ですね。

関連記事

24時間換気の給気口につけるフィルターを実際に使ってみた感想…ハウスダストアレルギー持ちには必須!

ハウスダストアレルギー対策の一つとして、給気口や換気扇にちゃんとフィルターをつける…というのをやってみました。 実は給気口にもフィルターがついていないものもあります。 実際に見てみてドン引きしたんです ...

ダイソンのコードレスクリーナーV8フラフィを使ってみた感想…ルンバのサブ機としては超優秀

ルンバに引き続き、今度は深い事は特に考えずにダイソンのコードレスクリーナーV8を購入しました。 購入した理由は当然「ルンバで掃除出来ない細かい部分を掃除するため」です。 んで主にルンバで掃除できない所 ...

ブラーバ380jを買ってみた感想…自動で水拭きをかけられるので床掃除の仕上げや水回り関係が楽になる

実はルンバを購入した際に、一緒にブラーバも購入しました。 合わせて読みたいルンバ980と960をハウスダストアレルギー対策で使ってみた感想…引っ越しをしてでも購入をオススメします ブラーバはルンバの乾 ...

サイクロン掃除機より紙パックが良いと思った理由まとめ…ホコリを吸い取るパワーが違う

以前まではサイクロン掃除機を使っていたんですが、ハウスダストアレルギー持ちとして「ホコリを徹底して排除する」目的で考えた時に、サイクロン掃除機より紙パックの方が良いと感じました。 そこで今回はサイクロ ...

SHARPの除湿機「CV-F71-W」を使ってみた感想…脱衣場に乾燥機がない場合はカビ対策に必須

SHARPのプラズマクラスター「CV-F71-W」を購入して実際に使ってみたので、今回はその用途と実際に使ってみた感想について紹介します。 実際に買ってみて本当にビックリしたんですけど「除湿って凄いな ...

Copyright© ハウスダスト対策の自宅作り 家レスQ , 2017 AllRights Reserved.