ルンバとブラーバはどちらから使うべきか?ルンバの後にブラーバで仕上げがベター

ブラーバ

ルンバとブラーバについて「あまり大差ないのでは?」って思うかも知れませんが、個人的には「全く別物である」って事を強調したい。

改めてブラーバを常時使うようになると、ブラーバくんが素晴らしい仕事をしてくれている事に気付かされます。

その経験から言って「ブラーバはフローリングメインの家には必須」である事を改めて伝えたいので記事にしておきます。

スポンサードリンク

ルンバはホコリを取る最強の掃除機

ルンバは最強の掃除機です。

人間がやるとどうしても細かい点を見落としてしまいがちですが、ルンバはそんな気付きづらい場所もスイスイ入り込んで掃除してくれます。

自分で掃除機をかけた後にルンバをかけてみるとわかりますが「何処にあったのそんなゴミ」ってぐらい、ホコリや毛が回収されます。一度テストしてみて心が折れました僕は。

言うまでもなくルンバはホコリを取るために使うべきものです。

ブラーバは床の汚れを取る物

言うまでもないとは思いますが、ブラーバは床の汚れを取るものです。要するにホコリではなく、汚れです。

また水回りを掃除する際にも非常に活躍してくれます。油が飛んだ床を拭いて貰う場合は、僕はアルコール付きのウェットティッシュで乾拭きをしてもらっています。

これだけで台所の足回りはバッチリになります。

またブラーバでもホコリは取れますけど、水拭きモードなら床の汚れそのものを綺麗にしてくれます。

ただこびりついた塊は取れないので、そこは定期的にブラーバを活用する事で固まらない努力をするべきかなと思います。

スポンサードリンク

ルンバとブラーバの使う順番は?

言うまでもなくルンバ→ブラーバという順番で使うべきでしょう。

ルンバでホコリを排除して、ブラーバで仕上げと言う形がベスト、片方だけでは完璧には仕上がりません。

だって最初からブラーバで掃除をしようとすると、とんでもない量のホコリが雑巾にかかってしまいます。それだと床を綺麗にするどころか汚くする可能性の方が高いです。

大事なのはあくまで床そのものを綺麗にする事なので、ホコリや毛などの大きな汚れは基本的にルンバに任せる方が絶対にベターです。

あくまでブラーバの仕事は仕上げなので、夜中に適当に回すぐらいで良いと僕は思っています。

静音性と稼働時間が違う

ルンバとブラーバの大きな違いとして、静音性と稼働時間が全く異なります。

ルンバは20畳あっても余裕で掃除をして充電器に戻って行きますが、ブラーバはそうはいきません。

せいぜい15畳とかなので、1Fが丸々一つの部屋となっていてリビングが広いと、総てを掃除するのは厳しくなります。実際に我が家がそういう作りです。

そうなるとやはりルンバで大きな部屋を掃除してもらう方が良いに決まっています。

ブラーバは静かなので夜も使える

ブラーバはとても静かです。すーっと進んで掃除をしてくれます。稼働していても気付かないレベル。

だから家族が家にいる夜中に使っても問題がありません。リビングなんかは特に、食後にダイニングごと掃除をしてもらっても良いんですよ。

だから仕上げとしてブラーバを使う事を僕はオススメします。夜中に使っても絶対にクレームが来ませんし、仮に同室内にいても気にならないレベルですから。

ルンバはめちゃくちゃうるさいので、やはり昼間に使っちゃうのがベストですね。

スポンサードリンク

両方あった方が掃除は確実に楽になる

ルンバとブラーバの両方があれば、掃除はほぼ完結します。

ですが一つだけ問題があって、床にこびりついて固まった汚れなんかはどうしてもロボット掃除機では掃除する事が出来ません。

そういう汚れに関しては結局人の手でゴシゴシと取る必要があります。だから最終的には絶対に人の手が必要となるのです。

それでもルンバがあれば広範囲のホコリを回収する事が出来て、ブラーバがあれば床そのもにについた汚れを水拭きで拭き取ってくれます。

だから僕は「片方があればOK」なんて一ミリも思いません。ゴシゴシと床を磨けばすぐにお掃除シートは真っ黒になりますから…これはブラーバをかけても一緒です。

ホコリはルンバ、汚れはブラーバってのは鉄則ですよ。

ただし掃除機はハウスダストアレルギー持ちがいない時にやろう

掃除機をかけると嫌でも大なり小なりホコリが舞います。これはもう避けられません。

その時にハウスダストアレルギーを持っている人間がいると、モロに食らってしまいます。だから可能な限りルンバや掃除機はハウスダストアレルギーを持っている人がいない時にしましょう。

頑張って避けているつもりでも、結局はホコリが舞えば吸ってしまいますんで…本当にでかけている間にかけちゃうのが本来はベターでしょうね。

ブラーバもいない時の方が良いかもしれませんが、ルンバに比べれば遥かにホコリが舞う量が少ないと思いますし、そこまで気を使う事はないかなと、僕も思ってます。

繰り返しますが両方を併用するのがベターで、片方だけで良いとは僕は思いませんね。

どうしても似たような商品なので「片方で良いのでは?」って思うかも知れませんが、僕は両方を使って掃除を徹底するべき派です。

片方だけなら絶対ルンバを買うべき

では「ルンバとブラーバのどちらを優先して買うべきか?」と問われれば、即答で「ルンバ」と答えます。

単体で考えれば、広範囲を徹底して吸い取ってくれるルンバの方が、ハウスダストアレルギーの予防には圧倒的に役立つからです。

ブラーバでも一応ホコリは取れますが、ただ拭き取るのと吸い取るのはわけがちがいます。

やはり片方ならルンバがオススメです。ですが仕上げで床を綺麗にするって意味では、ブラーバも後で使う方が効果的であると言う考えは変わりませんね。

両方を併用して徹底して掃除する事をオススメします。

徹底した床の汚れ落としは手作業で

以前も書いてますが、ブラーバでも取れない頑固な汚れは確実に存在しています。

そんな時のために手作業でのワイパーは買っておきましょう。

こういうフローリングワイパーがあれば、ブラーバで取れない頑固な汚れはもちろん、天井や壁の掃除もできちゃいます。

徹底した掃除をする場合には是非お試しあれ~。