掃除機は毎日かけるべきか?絶対にかけるべきだが手間を減らす努力をすればそれほど苦じゃないよ

掃除機

掃除機ってどれぐらいの頻度でかけてますか?

僕は絶対に毎日かける事をオススメします。

これは一度掃除機のゴミを可視化するとよくわかります。例えばサイクロン掃除機で空の状態で家中をかけてみたり、ロボット掃除機でも同じようにダウト容器をカラにしてから掃除機をかければよくわかります。

特にですが、お子さんがハウスダストアレルギーを持っている場合は絶対に毎日掃除機をかけて下さい。そうでないとお子さんは毎日アレルギー症状で苦しむ事になります。

ではどうしてそんなに自信を持って言えるのか?僕自身が試した事があるからです…。

スポンサードリンク

1日で家には大量のホコリが落ちる

僕は新築の家に引っ越した際に、試しに1~2日分のホコリをルンバで吸い取ってみた事があります。

それがどれぐらいの量かというと、これぐらいの量でした。ちなみにこれ1フロアです、1階だけでこれぐらいです。

ルンバのホコリ
なんじゃこりゃ

ルンバって凄いんですけど、本当に人間がやる以上に細かく各所を何度も回ってくれるので、普通に掃除機をかけるよりもホコリを吸い取ってくれます。

我が家の構成が人間が3人と猫2匹、確かに猫がいる分は毛が沢山落ちるかも知れません。ですがこれだけの量は異常だと僕は思いました。

これは試しにダイソンの掃除機を使ってみた際にも同じです。ぶっちゃけ朝にルンバかけて、夕方に掃除機で吸い取ったらその時点でそれ相応のホコリが出てきます。

ハウスダストアレルギーを持っている僕としては、正直半日に一度は掃除機をかけたいレベルです。

毎日掃除機をかけるのは確かに大変

ハッキリ言って面倒くさいし、結構な手間です。

実際に僕もダイソンの掃除機だけで全部屋をやろうと思ったら毎日なんてとてもじゃないけどやる気が起きませんし、絶対やりません(笑)

これはもう誰か一人に任せるのは酷です、僕なら人にやれなんて言えない。だから専業主婦だろうと「毎日掃除機かけろ」なんて言えないし、言わないです。

掃除を楽にするためにするべき事

だからこそ、まず掃除をするコストを下げます。面倒にならないようにするためにはどうすれば良いのか?それはこれらです。

  • 棚を置かない
  • 床に物を置かない
  • どかさないと掃除出来ない物を極力排除する

実はこれらはホコリが貯まる場所を排除する事も指します。

棚を置けば、それだけ段差が増えて、床面積が増える事になります。水平となっている部分(とりあえず床と表現)が増えれば増えるほど、そこらにホコリが別々に溜まっていきます。

ホコリは宙を舞ってその床面積にどんどん落ちていきます。何も置いてない部屋なら総てまさに地面に落ちますが、棚があれば棚の床面積にどんどん降り積もります。

そこらも全部毎日掃除をするのは大変です。だからむき出しの家具を極力置かない事が、掃除のコストを下げる事になります。

それらについてはここでも書いてます。

むき出しの物は極力排除して、掃除のコストを下げる努力をまずします。

これをする事によって、掃除機をかける時に「ああ、これが邪魔だ」「これどかさないと」「どかした物を元に戻さないと」なんて事も起きません。

そして何より、家具をどかしたら後ろにホコリがびっしり溜まっていた、なんて事も予防できますよね。

掃除機をかけるとしても床に物を置くのはやめよう

これは掃除機をかける場合でも同じです。床に物があれば掃除がそれだけ大変になります。

掃除で最も大事な点は「一回のコストを下げる」事です。毎日掃除をするとしたらそういう「無駄を省く」事が必要になります。

僕は掃除をする行為自体が大嫌いです。だから毎日必ずあるスキマ時間にさくっと片付けてしまいます。

床にゴミが落ちてたら率先して広い、そして捨てます。届いたチラシなども全部その場で捨てます。

こういう時に最も無駄な物が「いつか要るかも」っていう貧乏根性です。

「いつか」は訪れない

例えば割引券付きのチラシなんかも、頻繁に通っているお店なら取っておく事もあります。ですが最近はそういうものもデジタル化されてますよね。

マクドナルドの割引券なども全部アプリでやれます。丸亀製麺なんかもそうです。

だから要らない物はガンガン捨てます。僕は特に勝手に送られてくる広告関係はサクッと見たら全部捨てます。

また郵便物が入っているダンボールなんかもすぐにリサイクルに持って行きます。スーパーなんかに持って行けば引き取ってくれるので、ちょっと溜めたらガンガン持って行きます。

そして僕が掃除機として愛用しているのはダイソンです。

スポンサードリンク

ダイソンが掃除機として優れている理由

吸引力が高く、さらに吐き出す空気が綺麗になっているのもポイントが高い。

何より充電がすぐ切れるのも個人的にはそれはそれで有りです。理由は簡単。

まとめて掃除が出来ないからです。

簡潔に終わる時間でしか掃除が出来ない。簡潔な時間で終わる掃除にするためには掃除のコストを減らす必要がある。つまり上記した通り、床に物を置かずに簡単に掃除が終える環境を作る必要があります。

だから僕はダイソンがオススメです。何よりゴミが可視化するので「こんなに汚れてるのか…」って掃除を終える度に実感するのも大きいですね。

僕はルンバのサブ機として使っていますが、メインで使うとしても確実にこれを選択します。だって階段も楽に掃除出来るもん…一軒家ならダイソン一択ですね。

でもそれ以上にコストを下げられるのがルンバです。僕はもうルンバは手放せない。仮に自分がもっと貧乏になっても、貯蓄がなくても、借金してでも買うレベルです、マジで。

最低でもコードレスクリーナーを

今のコードレスクリーナーは結構パワーあります。

実際にダイソンのコードレスクリーナーを使ってますが、不満点は一切ありません。高いって事ぐらいです(笑)

コードレスクリーナーを使えば部屋を跨いでの掃除がめちゃくちゃ楽になります。あの重たい本体を持って移動する手間がないだけでどれだけ楽か…。

長年ずっと普通の掃除機を使ってきたので、それだけでも驚きですよ。頻繁にコンセントから引っこ抜いて移動するのも、コンセントの電源コードが床にだらだら落ちるのも、めちゃくちゃ無駄。

絶対にダイソンを買えとは言いません、最低でも何かしらのコードレスクリーナーを使いましょう。

でも安かろう悪かろうは確実にあるので…あまり安物過ぎるのは僕はオススメしません…実際に僕が過去に安物を買って後悔してますから…。

ルンバを毎日かけるのは大して苦にならない

ルンバを毎日かけるのは大して苦になりません。

どうしても床に置いておかないといけないのは、家の中にこれぐらいのものです。

  • 猫の餌と水
  • 椅子
  • 猫用のオモチャやクッション
  • ゴミ箱
  • リビングのテーブル(敢えて軽くて小さい物にしてます)

我が家の場合はこれぐらいですね。

実は我が家はもう家具自体がルンバを使う事を想定したものにしてあります。

家具はルンバが通れるものにする

まず本棚は排除、全部デジタル化すれば本棚は不要です。

棚関係は一切排除して、それは総てクローゼットに入るレベルに収めます。服なんかも同じですね。

テレビ台は底が深いものにして、ルンバが通れる最低限の幅があるものにしてあります。ルンバが通れなければそこは頻繁に掃除しないといけない面倒な箇所になるからです。

むき出しの家具はほぼ無し、むき出しの家具も毎日100円ショップのウェットティッシュで拭き上げます。これは僕が常に担当してまして、暇な時間にさっと仕上げるようにしています(笑)

床にある物は常に排除する

子供が床に置いているオモチャなんかは「あと何分放置してたらゴミ箱に入れる」と宣言しているので、絶対に子供は床に放置はしません。

またリビングに放置してある子どもの物は必ず子供の部屋に移動させてあり、それも「ルンバかける時に落ちてる物は捨てます」と宣言しているので、子供は絶対に床にオモチャを放置しません(笑)

こうする事でルンバをかけるコストを可能な限り落とします。これは意識的にやれば簡単に出来ます。

結構ルンバを買う際の「床に物を置かない」ってのを「無理だ」と言う人がいるようですが、不要な物を一度排除してみたら簡単に出来ます。

ちなみに僕は若い頃は本やゲームや服が散乱している部屋に住んでいましたが、自分がハウスダストアレルギーである事、娘がその体質を引き継いでいる事に気付いてからはすっぱり変えました。

アレルギー症状の辛さは誰よりも僕が理解している、その思いを子供にさせるわけにはいかないのでここは僕が徹底しています。妻は全く無いのでこの苦しみは理解出来ないでしょうから…まぁそこは仕方ない。

ルンバをかける前に椅子などを上げる

椅子をテーブルの上に上げて、猫のおもちゃグッズなどはソファの上へ、猫の餌もキッチンカウンターなどに乗せておきます。これぐらいは5分足らずで可能なので、そしてルンバをスイッチオン、その間は1Fには近寄りません。

そして1Fの掃除が一時間程度で終わるので、後は食事休憩などのお昼の時間に2Fのルンバをかけますこの際にも床には基本的には何も置いてないので、ゴミ箱などを何かしらの上に乗せてスイッチオン、階段に置いても良いでしょう。

1フロアしかないマンションなら、部屋ごとに区切っても良いと思います。もちろんそれでもルンバをかけるコストを下げるために、普段から床には何も置かない方がベターでしょう。

スポンサードリンク

毎日掃除はするべきだが手間を減らそう

繰り返しますが毎日掃除をするべきか?と言えば確実に「した方が良い」と言います。

特に家族にハウスダストアレルギーを持っている人がいるなら、毎日掃除機をかけないのはその人を殺そうとしているようなものです。

大人でも子供でも一緒です。ホコリってのはその名の通り細菌、ゴミです。

そしてそれに対してアレルギー症状が出るという事は、その物質に対する免疫がない状態を指します。それを「面倒だから」って理由で「我慢しなさい」って言うのはちょっと酷いですよね。

もちろんハウスダストアレルギーを持っている本人が率先して掃除をするのが一番ですが、そのハウスダストアレルギーを持っている家族が小さなお子さんの場合は、親が意識しないと無理ですね。

僕は親が症状を理解した上で掃除をしてくれませんでした。何故か絨毯はバッチリ敷いてあるし、毎日掃除機かけてるわけじゃないし、棚が多いからガンガンホコリは溜まるし、どうりで定期的に鼻水が止まらなかったり、喘息の発作が出ていたわけですよ…。

ルンバが買えないなら手間を減らして頑張ろう

理想はルンバを買う事ですが、ルンバを買うお金がない場合は物を減らす努力をしましょう。

コードレスクリーナーを使えば手間を減らす事も出来ます。何も絶対にダイソンを買えとは言わないので、何かしらのコードレスクリーナーを買いましょう。

ただ僕はロボット掃除機はルンバ、コードレスクリーナーはダイソンしか使った事がないので、それ以外の商品については何とも言えませんが…(笑)

繰り返しますが、掃除は毎日やらないとダメです。特に床などはすぐにホコリが溜まるので、ハウスダストアレルギーを持っている人が家庭内にいる場合は絶対にやりましょう!

面倒ならルンバ、手間は気にならないなら普通の掃除機で問題ありませんが、個人的にはコストを減らすために物を減らす事をオススメします。